教えて!東京で顔脱毛が安いおすすめ脱毛サロンはどこ?ヘッダー画像

顔脱毛すると良くないの?産毛がなくなる事で汗の量が増えたりして影響は大きい?

顔脱毛はもはや多くの女性が行っている施術です。女性にも男性ホルモンが存在し、眉や眉間、頬、鼻の下、口周りに黒く太いムダ毛が生えてきたりするのです。こうしたムダ毛があると、化粧のりを悪くします。それだけではなく非常に野暮ったく、垢抜けない印象を他者に与えてしまうのです。顔脱毛の多くは、自宅でピンセットや脱毛テープ、脱毛クリームで行われます。費用が安くつき、手軽に行えるためです。脱毛すると、化粧下地、ファンデーションの肌の密着度が高まり、肌の凸凹が埋められ、化粧が非常に綺麗に仕上がるのです。

 

 

しかし顔脱毛の後に、非常に汗をかきやすくなったという弊害を感じる人がいるのです。ムダ毛は実は汗を蒸発させる役目があり、そのムダ毛が無くなると蒸発機能が低下し汗をかきやすくなったと感じてしまうのです。またムダ毛がなくなることで皮脂や汚れが毛穴に溜まりやすくなり、その毛穴の汚れが酸化して悪臭を放つ場合もあるのです。そのため洗顔を徹底し、収れん性の高い化粧水を用いて適切にケアすることが非常に大事になってくるのです。

 

多汗症や汗っかきの人は、顔脱毛も程ほどに行うことが大事です。医師が常駐する美容皮膚科やエステティックサロンで汗っかきの症状を考慮したうえで、適切な顔脱毛の方法を提案してもらうのも良いでしょう。こうした美容皮膚科やエステティックサロンでは、光脱毛といって無痛で毛穴にダメージなく脱毛でき魅力的です。

顔の産毛の役割を知ろう!脱毛前の豆知識!

顔に生える産毛には固有の役割があります。このうぶ毛には、外気の影響による寒さや風などから顔を保護する役割を担っているのです。又、このうぶ毛はお肌を刺激から守る働きもあり、お肌の老化を妨げる効果があります。更に、産毛の生え変わる時に、体内の老廃物が外へ排出されるために、老廃物代謝の重要な機能を担うものでもあるのです。
そして、このうぶ毛が顔に生えていることで、紫外線からダメージを受けにくくなります。産毛がない場合は、紫外線の影響を直接受けてしまい、極度に日焼けをしてしまったり、お肌が過度に乾燥して潤いを保つことが非常に困難になるのです。

 

このような様々な理由から、本来顔に産毛はあった方が良いものなのですが、現在でははスキンケアの技術も進み、お肌の保護も十分に行われていますので、顔の産毛が濃く目立つようであれば、顔脱毛で処理する事が美容面において重要な要素になります。
これまで顔のうぶ毛にはシェービングでしか対応できない事が多くありました。これは脱毛サロンで使われている脱毛機器は、色素に反応し、熱で毛母細胞を破壊するためです。そのため、むだ毛は黒く太い状態である必要があり、この状態ならば顔脱毛も成功しやすくなりますが、毛が細い場合は顔脱毛が難しくなり、うぶ毛の場合は効果的に処理する事が困難だったのです。しかし、現在では顔脱毛を行うサロンでは、顔脱毛に専用のマシンを用いて光の周波数を変え、専門的な施術を行っているために、効果的にうぶ毛も処理する事ができるようになっているのです。